御供盛り(ごくもり) マナスエ神事

滋賀県東近江市君ヶ畑にある木地師の祖神とされる惟喬親王を祀る大皇器地祖神社では、古くから御供盛り(ごくもり)と呼ばれる儀式が1月3日に行われている。今回許可を得てその全てを撮影記録することが出来た。御供盛りとは大皇器地祖神社に供える神饌を調進して、神前に供える儀式でマナスエ神事の事を言う。

早朝の6時前から主に髙松会の人達が、大皇器地祖神社の社務所に集まり用意を始める。御供はうるち米で作るが、6時30分頃から洗ったお米を蒸し始めた。8時15分には蒸し上がり、それをむしろでポイポイと練って御供が出来上がった。9時頃までには御供以外の神饌として使う物や神事の道具などの用意も終わり、それぞれが着物に着替える。やがて神職が到着し、10時頃には参加する人やお手伝いの人たちなど17名ほどが社務所に集まった。

神事の役に付いた人たちは素襖に着替え頭に冠を戴き、氏神主(1年神主)も装束を身に着けて10時30分過ぎから神事が始まった。
神事などの進行については、詳細な様子をYouTubeに【木地師発祥の地に伝わる伝統行事『マナスエ神事』御供盛りの記録】としてアップしているので、そちらを見て頂きたい。神事は途中お昼を挟んで、午後2時前には全て終わった。

参考文献:「-木地屋のふるさと- 君ケ畑の民俗」菅沼晃次郎著
         昭和46年3月20日発行  発行:民俗文化研究会 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − two =