君ヶ畑 2020年11月19日

木工品の轆轤作業

君ヶ畑で1978年から1979年にかけて撮影した写真と2020年との比較。
小椋昭二さんの家は、41年前は君ヶ畑製材をやっていた。その当時製材所や山で木を切り出している所などの作業風景を撮影させてもらった。やがて林業が不振になり製材所を廃業した後に、お兄さんが先に一時木地師をやっていた。その後小椋昭二さんも愛知県の木地師の人に教えを受けた後、ほとんど独学で木地師の仕事を習得した。その後お兄さんは木地師をやめたが、昭二さんは君ヶ畑に君杢工房を設け椀や盆などの木工製品を制作している。

1979年の小椋昭二さん
1979年 小椋昭二さん
1979年 右が昭二さん
1979年 中央が昭二さん
木材の切出し作業
1979年 右が昭二さん
2020年 君杢工房の内部
小椋昭二さん
2020年 作業場にて
轆轤を使い作業
2020年 轆轤作業する小椋昭二さん
2020年 作品の展示室

瀬戸寿一さんの誕生日は上皇様と同じ1933年(昭和8年)12月23日で今年は米寿になる。週末には娘さんが来てくれるが、普段は一人暮らしをしている。瀬戸さんの家では1978年取材した時にクドを使っている奥様の様子を撮影している。今回同じ場所で撮影をさせてもらった。以前土間だったが所は木の床に改装してあり、タイルだった流しがステンレスに変わっている。変わっていないのは、神棚と遺影写真、隅にあった精米機、流しのタイルも一部は残っている。そして入口に近い隣の土間の隅には、味噌などを作る時に使っていたオオガマサンがまだ残っている。

1979年 瀬戸寿一さん
2020年 精米機
2020年 瀬戸寿一さん
2020年 オオガマサン

小椋谷 君ヶ畑の秋

君ヶ畑の紅葉

11月19日に小椋谷の君ヶ畑に行ってきた。小春日和の暖かな日で、豊かな自然に囲まれた静かな集落のあちらこちらできれいな紅葉を見ることができた。住宅や破風などを記録しながら、集落内を散策して秋の美しい風景も撮影した。

2020年 君ヶ畑 破風に水文字

破風に水文字

1980年野外活動研究会刊「フィールドへ No6 君ヶ畑」には、茅葺き屋根の葺き替えの様子や茅葺き屋根の上にトタンを被せる骨組み工事の写真などが掲載されている。当時は入母屋茅葺きは15軒あったが、現在そのうち3軒は無くなり残りは全てトタンを被せてあり、茅葺きの屋根は無くなっている。
現在君ヶ畑には入母屋茅葺きの上にトタンを被せた家が28軒ある。トタンは亜鉛めっき鋼板のうち、主に建築資材として使われているものの俗称で亜鉛鉄板とも言われ、瓦型にプレスされたトタン板もある。金属屋根の種類は、主にトタン、ガルバリウム鋼板、ステンレス、銅、チタンなどがある。ガルバリウム鋼板とはアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板の名称でアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%の鋼板でGL鋼板とも呼ばれ1972年にアメリカ開発され、日本では1982年に初めて商品化された。
現在トタンは使用されることが少なくなり、耐用年数の長いガルバリウム鋼板が多い。年代から考えて君ヶ畑はトタンが多いと思われるが、トタンとガルバリウム鋼板は外観では見分けられない。

破風に「水」の文字』で説明しているが、君ヶ畑の茅葺きの上にトタンを被せた家の破風にも、火伏せのまじないである水文字や懸魚そして家紋が見られる。それらの組み合わせは色々で、多い順では次のようになっているが、水文字は鬼瓦部分にある場合も含めている。
【1】水文字・家紋・懸魚 7軒
【2】水文字・家紋 6軒
【3】水文字・懸魚 5軒
【3】水文字のみ 5軒
【5】家紋・懸魚 3軒
【6】家紋のみ 1軒
【6】懸魚のみ 1軒