日炭高松炭鉱の定点観察

かって日炭高松炭鉱第二鉱のあった福岡県遠賀郡水巻町古賀と梅ノ木団地付近の1984年と38年後である2022年の定点観察記録である。撮影場所は古い地理院地図の空中写真で調べている。1984年の写真は「日炭高松炭鉱の炭住街 1984」から8ヶ所と同じ場所を2022年11月19日に撮影した。なお写真の説明は日炭高松炭鉱の記憶にあるもの全部又は一部を引用させて頂いたが、加筆訂正など施している所もある。

なお日炭高松炭鉱の記憶のサイトは管理人の方と連絡が取れず、リンク切れも多い状態となっている。このサイトは2003年6月18日に開設され、日炭高松炭鉱をメインに筑豊の炭鉱の昔と今を丁寧に記録されていたが、2014年1月頃の更新が最後となっている。そのために引用については使用許可などは取れていないが、もし問題がある場合はご連絡頂ければと思う。

古賀区の炭住跡地は梅ノ木団地になった所以外は長い間空き地のままだったが、2013年に水巻中央幼稚園が新築され、それ以外の土地は現在太陽建機レンタル北九州西支店の総合ヤードとして使用している。なお今回の太陽建機レンタル敷地内からの撮影は許可を得て行っている。
国土地理院の空中写真にある南側の梅ノ木団地5棟(赤丸印【4~8】の東側)は取り壊されて更地になり、分譲住宅地として販売されている。38年を経過しているので大きく変わっている所が多いけれど、梅ノ木団地は当時出来たばかりなのでそれ程変化はないようだ。

写真番号【1】~【8】の撮影場所
「出典:国土地理院撮影の空中写真(1979~1983年撮影)を加工」
【1】1984年 二鉱山ノ神の階段下から見た日炭事務所(左)と宮ノ下社宅、右は明神ヶ辻山
2022年 右手の宮ノ下社宅跡は水巻町総合運動公園に変わっている
【2】1984年 二鉱ボタ山(浅川ボタ山)と、二鉱選炭場の変電所跡と思われる建物 
2022年 水巻図書館から水巻町中央方面 二鉱跡地は住宅地となり、右奥の山が唯一原形を留めている
【3】1984年 1972年に新築移転した水巻中学校(左上)と、日炭技術専門学校だった建物
2022年 日炭専用線の跡地は新道となり、右の元クリニックの裏には『躍進の像』が立っていた
【4】1984年 南側から見た古賀区の炭住跡と商店跡、その周囲を取り囲んでいる新築の梅ノ木団地群
2022年 長く空地(2014年頃までは空地を確認)であったが、現在は太陽建機レンタル北九州西支店の総合ヤード
【5】1984年 古賀区の炭住跡の西側
2022年
【6】1984年 後方の5階建ての集合住宅は1982年築
2022年 現在は賃貸マンションのビレッジハウス水巻となっている
【7】1984年 古賀区の炭住を南から見る
2022年 右の建物は2013年築の水巻中央幼稚園 
【8】1984年
2022年

ここからは日炭高松炭鉱の記憶『昭和30年代の日炭高松炭鉱第二鉱』から引用した2ヶ所の定点撮影記録。そのページは現在閲覧できないが、以前に保存したデータを使用している。
福岡県道202号水巻芦屋線の水巻町古賀と、梅ノ木団地のバス停付近の1960年頃の写真と同じ場所を、2022年11月19日に撮影した。どちらも一時住んでいた所なので、私にとっては懐かしい映像記録となっている。

写真番号【9】~【10】の撮影場所
「出典:国土地理院撮影の空中写真(1961~1969年撮影)を加工」
【9】1960年頃 南から見た古賀区社宅と新生街の商店
2022年 新生街の商店の入口部分のみ昔の道の名残がある
【10】1960年頃 南から見ている、右は梅ノ木バス停
2022年 バス停(梅ノ木団地前)の位置はほとんど変わっていないようだ

ルーツ探しの旅 完結編 黒潮町

鹿島ヶ浦から望む黒潮町佐賀

ルーツ探しの旅 佐賀・長崎」の続き、母方の祖父と曾祖父の出生と本籍地である高知県幡多郡黒潮町佐賀を訪ねた。19日に福岡で両親の法事があったので、その帰りに行く事にした。

宿泊した北九州市八幡西区黒崎を午前7時30分に出発、国道九四フェリー(佐賀関~三崎)を経由して黒潮町に着いたのが午後4時頃だった。その後黒潮町を午後5時30分頃に出発し瀬戸大橋経由で山陽道を使い、自宅に着いたのは翌日の午前1時だったので、滞在時間を含めて17時間30分の行程だった。
走行距離は、フェリーでの移動を含んで以下の通りである。山陽道からは雨が降り出して、久しぶりだった高速道路の運転は怖かった。今思えば、無理せずに一泊すべきだった。

北九州市八幡西区黒崎~高知県幡多郡黒潮町佐賀 348km
高知県幡多郡黒潮町佐賀~瀬戸大橋経由~彦根市 521km
合計 869km

国道九四フェリー
国道九四フェリー 遠くに見えるのは大分県の高島
佐田岬半島の風車
佐田岬半島の風車

調べた所、黒潮町佐賀はカツオ一本釣り船団による漁獲量が、合併前の佐賀町時代から県下一で黒潮町自慢の「土佐さがの日戻りカツオ」として知られているらしい。またウィキペディアによると、井上陽水は福岡県田川郡糸田町中糸田に生まれたが出生届は父親の本籍地である佐賀町(現在の黒潮町佐賀)に出されている。佐賀町の井上家は大きな網元で広い山林を持つ資産家であったが、昭和初期には没落しそこを離れている。母方の祖父や曾祖父は井上陽水の祖先とすぐ近くに住んでいたようだ。

黒潮町佐賀に到着して、役所で確認した本籍地の番地に当たる家を訪ねたが不在だったので、近くの家で土地柄などを聞いてみたがよく分からないとの事だった。何の収穫もなくては帰れないと思い、来るときに鹿島ヶ浦から佐賀を一望できた場所があったので、そこまで戻り鹿島ヶ浦の夕方の景色を撮影した。この景色を多分ご先祖達も眺めたことだろう。

鹿島ヶ浦の鹿島
鹿島ヶ浦の鹿島
鹿島ヶ浦と鹿島
鹿島ヶ浦の眺め、左の山の手前に見えるのが佐賀

鹿島ヶ浦の撮影を終えて再度本籍地の番地に行きその付近を撮影していると、その家の方が車で帰って来られた。事情を話すと、色々とお話を聞くことができた。その家は祖父の代にここへ来られたとの事だった。私の曾祖父の死亡地は大阪で、その頃にはそこを離れていると思われるが、番地が当時と同じであるかはよく分からないとの事だった。

佐賀は土佐の小京都と呼ばれる中村(現在の四万十市)の東に位置していて、奉行所や旅籠屋などもあって賑わっていたそうだ。本籍の番地は、そのような中心部だった通りに面している。住人の方は私と同じ年で、帰りに何かの参考にとお父様のエッセイをまとめた本を頂いた。そして母の旧姓である窪田について、もし何か情報があれば連絡して頂けるようお願いして佐賀を後にした。

母は生前、祖父である父親は高知の武士の家系だったと言っていた。祖父は長男であったが早くに高知を出たようで、27才の時に福岡県中間市で祖母と結婚しているが、母が6才の時に39才で亡くなっている。
祖父の祖先が住んでいた佐賀は武士のいるような城下町ではないが、それなりに賑わっていたようで奉行所もあったとの事なので、武士の可能性も僅かだがあるかも知れないと思ったりしている。
今回の旅で地元の人の土佐弁を聞いていると、祖父は土佐弁から筑豊弁の所に移動しているので、方言の違いに戸惑ったのではないかと想像を膨らませたりした。

これでルーツを探す旅は終わりにしようと思う。地元のお寺や郷土史を調べるなど、少しは手掛かりを探す方法はあるかも知れないが、出生地を離れて移動していると、そのまま何代も住んでいるような家系と違いルーツを探すのは難しい。祖先と関係する人などに巡り合う事は無かったが、それぞれのルーツが住んでいた土地柄を少しは知る事ができたので良かったと思っている。

黒潮町佐賀-1
黒潮町佐賀の本籍地付近
黒潮町佐賀-2
黒潮町佐賀、後方は海方面で昔からあるこの通りに本籍地がある