在りし日の首里城

首里城が10月31日未明に発生した火災で、残念な事に主要な建物である正殿と北殿、南殿などが全焼してしまった。
今年の6月26日に首里城に行った。その日はあいにくの雨で、風も強くて写真はほとんど撮影できなかったが、 少しだけ撮った写真を掲載しておこうと思う。内部の観覧は、おおまかに南殿から書院・鎖之間(さすのま)、奥書院、正殿、北殿の順だった。往時の賓客を接待したと言う書院・鎖之間で琉球のお茶菓子を頂いたが、そこも全焼してしまった。
やっと再建が終わったばかりだったのに、沖縄の人たちの喪失感は相当なものだと思われる。かなりの困難があると思うが、必ず修復再建できると信じて応援していきたい。

雨の首里城正殿
雨の首里城正殿。
国王が座る玉座。
国王が座る玉座。正殿内の御差床(うさすか)。
鎖之間(さすのま)と庭園
書院と庭園。
さんぴん茶と琉球のお茶菓子
書院・鎖之間(さすのま)で頂いたさんぴん茶と琉球のお茶菓子(花ぼうる、くんぺん、ちいるんこう)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です