「中平拓馬 火―氾濫」展

2024年2月6日から4月7日まで東京国立近代美術館で企画展「中平卓馬 火―氾濫」が開かれた。1973年晶文社発行の「なぜ、植物図鑑か 中平拓馬映像論集」は若い頃に読んだ記憶はあったが、まだ手元にあったので今回の展覧会を機に新幹線で再度読みながら東京へ向かった。

会期も終わろうとする4月4日に行ったが、注目度は高いようで平日にも関わらず多くの人で混雑していた。また年齢も若い人から高齢者まで幅広く外国人も多かった。この企画展は「日本の写真を変えた、伝説的写真家 約20年ぶりの大回顧展」との触れ込みで案内されていたが、確かに彼はそれまでの写真とは違う新しい表現を提示していたと思う。

今回は没後初の大規模な回顧展と言う事で、初期の雑誌や日記など資料も実に多く展示されていた。「なぜ、植物図鑑か」を書くきっかけとなった美術手帖(1972年8/9月合併号)の読者から欄に掲載された、吉川知生「中平拓馬に向けて」も展示されていた。
これまで未公開の作品も多数展示されていてとても見ごたえがあった。滞在時間は3時間程だったが、もっと時間をかけて文章なども読んでみたかった気もしている。

私は20代の頃、写真家としては東松照明や森山大道の作品に惹かれていて、その二人と細江英公・深瀬昌久・横須賀功光・荒木経惟などの写真家が講師として参加したワークショップ写真学校の夏季セミナー(東京1975年8月27日~9月1日)に一部だが参加した。
しかし、中平の写真はあまり見た記憶が無かったので、今回は初めて見るものがほとんどだった気がする。初期のものは森山の写真と言われても違和感のない作品が多い気がした。

東京国立近代美術館入口の案内
氾濫【「15人の写真家」(1974年)出品作】東京国立近代美術館
「森山大道 にっぽん劇場[no.55] 1966年 東京国立近代美術館」撮影中の中平拓馬

今回の展覧会とは別になるが、中平卓馬の思い出があるので残しておこうと思う。
「写真家・東松照明 全仕事」展(名古屋市美術館 2011年4月23日~6月12日)のオープン初日に名古屋市中区役所ホールで記念鼎談が開かれた。ゲストは中平卓馬(写真家)と倉石信乃(明治大学准教授)そして東松照明も来る予定であったが、当日は体調不良のために電話での参加となった。名古屋市美術館学芸員の竹葉丈の司会で進行していったが、中平は舞台上で一言も発さなかったのを今でも記憶している。
その時の事は『あるYoginiの日常【「写真家・東松照明 全仕事」 名古屋市美術館】』に報告があるので、その一部を引用しておこう。

『時間は1時間半だったが、そのうち約1時間しっかりした口調で自身の写真について、出演者や司会の名古屋市美術館学芸員・竹葉氏からの質問に答えていた。
中平卓馬は、一言もマイクに向かって話さなかったが、彼を指名したのは東松照明氏自身で、曰く「非常に気になる写真家だった。アル中で、記憶喪失になったが、その前は論客だった。体調を悪くしてどうなっているのか気になったので、ぜひあって話したかった。」とのこと。

東松氏本人が出席されていたら、また状況は変わったかもしれないが、今回は東松氏が、中平氏との出会いから当時の交流の様子を思い出話のように語っておられたのが印象深い。その時、中平氏は何を思っていたのだろう。』

「写真家・東松照明 全仕事」展 記念鼎談の右端が中平拓馬
東松はこの頃中平をよく撮影していたが、これはまだ編集者であった頃の中平
中平は1965年雑誌の編集部を退社していて、この写真は肩書が写真家となっている

編集者だった中平は東松との出会いで写真家へ転身し、また森山大道とも東松の紹介で知り合っている。そして東松はその頃に中平を多く撮影している。
東松照明はこの展覧会の翌年に亡くなり、中平拓馬は2015年にこの世を去っている。

「日炭高松炭鉱の記憶」デジタルアーカイブ

「日炭高松炭鉱の記憶」

ホームページ『日炭高松炭鉱の記憶』は2003年6月18日に開設し、2014年(平成26年)1月16日が最後の更新となっている。

このホームページは私の出身地である福岡県遠賀郡水巻町にあった日炭高松炭鉱や近辺の炭鉱、そして管理人の住む折尾町や堀川などについて丁寧に調べ写真などを多く掲載していた。私は2006年頃にそのサイトを知り、資料写真も多くあったので懐かしく見ていた。

「日炭高松炭鉱の記憶」サイト

1984年閉山後も水巻町古賀にあった鉱員用の炭住や社宅などをモノクロフィルムで撮影した写真があったので、それをデータ化し2008年頃にサイトを通じて連絡しホームページ用に提供した。その後は特に交流は無かったが、2015年頃にサイトのリンク切れが多く見られるようになった。

サイトの更新記録によると無料のホームページサービスを利用していて、2度ほどサービス元の変更があった。現在残っているサイトには2014年1月16日に全ページのリンク設定の変更を完了したとの記載がある。しかし、リンク切れが多くあるのでうまく出来ていなかったようだ。

「日炭高松炭鉱の記憶」サイト2

管理人さんと何とか連絡を取ろうとしたが、サイトにある連絡先メールでは届かず、掲示板も機能していない。折尾郷土史会に入っていたとの事なので、折尾郷土史会について調べたが連絡先がよく分からなかったので諦めていた。最近になって色々な所に当たって、何とか折尾郷土史会の方と連絡が取れた。
その方の話しでは、2014年頃に病気で亡くなられたとの事だった。折尾郷土史会には4年位在籍していて、耳が悪くてほとんど聞こえなかったようだが、資料の調査は綿密だったと感心しておられた。亡くなられた後博多にいる弟さんが遺品整理をされていたらしいが、それ以上の事は分からなかった。

ホームページに管理人である三又茂さんの自己紹介と開設の経過があったので転載する。
『手習 始 (五十の手習で始めましたが、すでにアラ還となりました– M I M A T A.. S h i g e r u..)
「昭和24年日炭・高尾区楓町の生まれ、昭和31年頃末小学校に入学、昭和37年水巻中学校に入学、昭和40年折尾高校に入学、昭和41年高尾区楓町より香月に転居、平成22年折尾郷土史会に入会」
【開設の経過】最初は検索で日炭高松炭鉱を探しましたが、ほとんど見つける事が出来ませんでした、閉山からの時間の経過を痛感しました。水巻町役場や図書館等での資料探しから始めました。下記の2冊の水巻町誌と、2冊の労組史等が大変参考になりました。当初は2・4・5の3ページを予定していましたが、2013/03/08には96ページになりました。』

ご本人が書いているように、日炭高松炭鉱に関する情報はネットでは見つける事が少なく、このホームページは貴重な資料だと思う。三又さんは約10年に渡り、現地に行ったり、書籍を調べたりなど多くの労力を費やしてこのサイトを作っている。
現在のサイトは不完全なままで公開され続けているが、サイト運営者の都合でいつ無くなるか分からない。もし管理画面でログインできれば、サーバーにデータが残っている可能性もあるが、多分親族などの権利者で無ければその確認も出来ない。

私は2010年頃に、自分が関係する所や興味のあるページをダウンロードし残していたが、現在それらの多くは見る事ができなくなっている。念のためにホームページを収集しデジタルアーカイブとして残すサービスがあるのでそれでも調べてみた。その分野ではArchiveが運営する「Wayback Machine」が有名であるが、トップページが残っているのみだった。
それでデジタルアーカイブとして、公開したいと考えるようになった。三又茂さんのご遺族の方とは連絡が取れないので、やむを得ず許可無しで進める事にした。
最後は96ページの構成だったようだが、現在保存できているのは63ページ分である。残りのページはデータが保存してあれば復元出来るのだが、今の所難しそうだ。

年末から年始にかけて、残っている全てのページをチェックしてリンクの確認を行った。そして無料のホームページサービスを利用して『「日炭高松炭鉱の記憶」アーカイブ』として公開した。「このサイトについて」というページがあるので、それを引用して『「日炭高松炭鉱の記憶」サイトマップ』も作ったので参考にして欲しい。

最後にもし三又茂さんの弟さんやご親族の方をご存じであれば、是非ご連絡を頂きたいと思う。今回の公開について了解を頂くとともに、もし現在リンク切れで見る事ができないページのデータが残っていれば是非提供をお願いしたいと思っている。

【2023年7月18日追記】
リンク切れの原因は、ファイルはサーバーにあるけれどリンクのアドレスが違っているだけではないかと思いついた。そこでリンクのアドレスを試行錯誤して、新たに5ページ分のアドレスが判明してアーカイブページに復元できた。
現在アーカイブできているのは68ページ分で、残りは27ページとなっている。引き続きアドレスを色々試してみているが、表示されないようなので無理そうだ。なおオリジナルサイトのリンク切れは39ページあるが、アーカイブサイトではその内12ページ分の復元ができている。