彦根から望む伊吹山地と鈴鹿山脈

彦根市の荒神山公園からは伊吹山地と鈴鹿山脈を一望できる。3月7日に出掛けた時、公園の芝生広場の築山から撮影した3枚の写真でパノラマ写真に合成した。写真に君ヶ畑の位置や山の名前を入れようとグーグルマップや国土地理院の3D地図、ネットの画像なども検索して調べたが難航した。少し自信は無いが何とか特定した。もし間違っている場合はご指摘頂ければと思う。
小椋谷の君ヶ畑は鈴鹿山脈の最高峰標高1,247mの御池岳に源を発する御池川沿いにある。御池川は政所で愛知川と合流、永源寺ダムを経て琵琶湖に注ぐ。

伊吹山地と鈴鹿山脈のパノラマ写真
彦根市の荒神山公園から望む伊吹山地と鈴鹿山脈のパノラマ写真。

彦根から望む伊吹山地と彦根城
画面の左側、標高1,377mの伊吹山と彦根城。

彦根から望む鈴鹿山脈
画面の中央、鈴鹿山脈の北端標高1,094mの霊仙山(りょうぜんざん)。

彦根から望む鈴鹿山脈
画面の右側、鈴鹿山脈の最高峰標高1,247mの御池岳など。小椋谷の君ヶ畑は鈴鹿山脈のほぼ中央付近の山間にある。

君ヶ畑の大皇器地祖神社の脇にある東近江市が選定した鈴鹿10座の一つ天狗堂(988m)への登山口。撮影に行っていると登山者によく出会う。飛び出し坊やが登山口の看板になっている。飛び出し坊やは滋賀県が発祥地で、設置数も多く日本一と言われている。(2020年1月1日撮影)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です