今年最後の小椋谷君ヶ畑

君ヶ畑の入口と出口の比較

12月21日に再度君ヶ畑へ行ってきた。
前回と同様に約40年前との定点撮影を試みた。今回は当時の写真を10.1インチのタブレットに入れたので、前回よりは大きく見る事ができ細かい所を注意して試みたが、やはり撮影位置や角度、レンズの焦点距離などを揃えるのは無理だった。今回もフォトショップで補正して調整した。

集落への入口付近。
1978年には空に木材の搬出用のワイヤーロープが掛かっている。当時は製材所もあったが、現在は無くなっている。右側にあった製茶工場は2年前の大雪で壊れてそのままになっている。

君ヶ畑入口の比較

集落からの出口付近。
現在の写真右側にある石垣は、林業の衰退とともに過疎化が進み廃校となった君ヶ畑分校への入口。旧校舎は現在ノエビアの鈴鹿高山植物研究所になっている。当時道路は未舗装だったが、今は舗装されている。

集落の出口の比較

墓地の入口付近。
階段のコンクリートが古くなり、手すりが設置されている。左は壊れた製茶工場の後。

墓地の入口付近の比較

元製茶工場の内部。
現在は2015年に発足した「木地師のふるさと高松会」の作業などを行っている。この日は会の人たちが集まって作業や大掃除などを行っていた。事務局長をやっている瀬戸洋海さんは写真集に若い頃の姿が写っていて、今でも君ヶ畑に住んでいる。機械などは処分されているが、土台の一部は再利用されている。当時製茶工場は2か所にあった。

製茶工場内部の比較

[カメラ:EOS 5D Mark III]
[レンズ:CANON EF17-40mm F4L]