彦根の近代化遺産

彦根近代化遺産

4月7日に平和堂が企画したのまちあるきツアー「じもとりっぷ」じもとガイドさんと歩く「滋賀の旅」で、『「歩こう!彦根」今も残る明治と大正レトロモダンな建物を巡る』に参加した。その様子を動画に編集しYouTubeにアップした。
参加者は定員の10名でJR彦根駅に集合し彦根市内の建物などを一日かけて見て回った。この動画に収められているのは以下の通りである。

・昭和初期に建てられた「文化住宅」
・逓信舎「旧川原町郵便局舎(高﨑家住宅主屋)」 昭和9年(1934)洋風の郵便局舎へ改造
・宇水理髪館 昭和11年(1936)建築
・滋賀中央信用金庫銀座支店(旧明治銀行彦根支店) 大正7年(1936)建築
・滋賀銀行彦根支店(旧百三十三銀行本店) 大正14年(1925)建築
・俳遊館(旧彦根信用組合本店) 大正12年(1923)建築
・旧本町郵便局舎 大正13年(1924)建築
・スミス記念堂 昭和6年(1931)建築
・滋賀大学講堂(旧経済学部講堂・旧彦根高等商業学校講堂) 大正13年(1924)建築
・陵水会館(旧彦根高等商業高校の同窓会館) 昭和13年(1938)建築
・旧彦根高等商業高校の外国人宿舎 大正13年(1924)建築

中山道 鳥居本宿

鳥居本宿-赤玉神教丸

佐和山城跡から下りてきて8号線から脇街道である彦根道(朝鮮人街道)を少しだけ通り、ほどなく鳥居本宿に着いた。朝鮮人街道、北国街道の分岐点でもある鳥居本宿は、江戸から数えて中山道の63番目の宿場になる。当時の雰囲気が残る建物も幾つか残っていて案内板などもあるが、特に観光地として賑わっている訳でもなく人通りはほとんど無い。

 鳥居本宿は中山道時代から赤い丸薬の神教丸、柿の渋で和紙を防水して作った赤い雨合羽と赤いスイカの三赤といわれる名産品があり、地元の中学生が考案したキャラクターは赤玉レッド、合羽レッド、すいかレッドの「さんあかレンジャー」。合羽とスイカは現在無くなったが、万治元年(1658年)創業有川製薬の胃腸薬「赤玉神教丸」は今も残っていて、中山道沿いにある有川薬局で販売している。
鳥居本宿の本陣跡にはウィリアム・メレル・ヴォーリズの手懸けた建物がある。ヴォーリズは建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人であり、近江兄弟社はメンソレータムを広く日本に普及させた。近江兄弟社は後に経営難になりメンソレータムの販売権を失い、自社のオリジナル製品メンタームを販売している。

その他見学したのは以下の所。
・中山道道標 「右彦根道、左中山道京いせ」と刻まれている。文政10年(1827年)に建てられた。
・専宗寺 太鼓門の天井に佐和山城の門の扉が使われていたが、今年太鼓門は撤去され扉は山門の所に立てかけてあった。
・自然斎の住居跡(旧鳥集会所) 元は旅籠「米屋」で湖東焼の絵付師として知られた人物。
・本陣跡 本陣で使われた門扉が倉庫の扉として残っている。
・合羽屋 看板が残っている。
・上品寺 「法界坊の鐘」をつるした鐘楼がある。
・近江鉄道鳥居本駅 昭和6年(1931年)開業、駅舎は開業時からのもの。