中山道 鳥居本宿

鳥居本宿-赤玉神教丸

佐和山城跡から下りてきて8号線から脇街道である彦根道(朝鮮人街道)を少しだけ通り、ほどなく鳥居本宿に着いた。朝鮮人街道、北国街道の分岐点でもある鳥居本宿は、江戸から数えて中山道の63番目の宿場になる。当時の雰囲気が残る建物も幾つか残っていて案内板などもあるが、特に観光地として賑わっている訳でもなく人通りはほとんど無い。

 鳥居本宿は中山道時代から赤い丸薬の神教丸、柿の渋で和紙を防水して作った赤い雨合羽と赤いスイカの三赤といわれる名産品があり、地元の中学生が考案したキャラクターは赤玉レッド、合羽レッド、すいかレッドの「さんあかレンジャー」。合羽とスイカは現在無くなったが、万治元年(1658年)創業有川製薬の胃腸薬「赤玉神教丸」は今も残っていて、中山道沿いにある有川薬局で販売している。
鳥居本宿の本陣跡にはウィリアム・メレル・ヴォーリズの手懸けた建物がある。ヴォーリズは建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人であり、近江兄弟社はメンソレータムを広く日本に普及させた。近江兄弟社は後に経営難になりメンソレータムの販売権を失い、自社のオリジナル製品メンタームを販売している。

その他見学したのは以下の所。
・中山道道標 「右彦根道、左中山道京いせ」と刻まれている。文政10年(1827年)に建てられた。
・専宗寺 太鼓門の天井に佐和山城の門の扉が使われていたが、今年太鼓門は撤去され扉は山門の所に立てかけてあった。
・自然斎の住居跡(旧鳥集会所) 元は旅籠「米屋」で湖東焼の絵付師として知られた人物。
・本陣跡 本陣で使われた門扉が倉庫の扉として残っている。
・合羽屋 看板が残っている。
・上品寺 「法界坊の鐘」をつるした鐘楼がある。
・近江鉄道鳥居本駅 昭和6年(1931年)開業、駅舎は開業時からのもの。

佐和山城址

佐和山城の模型と佐和山

11月26日に平和堂のまちあるきツアー「じもとりっぷ」じもとガイドさんと登ろう!『佐和山』~戦国を歩く旅 光成が見た景色を辿る~に参加した。
今回の行程は、JR彦根駅→石田三成屋敷跡→佐和山城跡→そば処百百百百(昼食)→専宗寺→鳥居本合羽→有川薬局→近江鉄道鳥居本駅→近江鉄道彦根駅の歩行距離約6Km、9時30分にJR彦根駅に集合して近江鉄道彦根駅で15時30分頃に解散した。佐和山城跡と旧中山道の宿場である鳥居本宿に行ったが、今回は佐和山城址関係の写真のみで鳥居本宿は別に掲載する。

JR彦根駅の井伊直政像の所で集合、石田三成屋敷跡などを通り佐和山城跡へと向かう。登り口は井伊家とゆかりの深い龍潭寺の裏山にあり、参道には石田三成の座像と「佐和山観音」と呼ばれる観音像、そして石田三成群霊供養と刻まれた石碑が建っている。標高233mの佐和山頂上にある本丸跡までは標高差は約150mあり、切通し、西の丸跡などを通るが、途中かなり急な所もある。
佐和山城は鎌倉時代からあり石田三成が居城としたことで知られる。石田三成が関ヶ原の戦いで敗れ、その後領主となった井伊家が彦根城を築城したので廃城となった。その際に石垣や建物の多くが彦根城へと運ばれたので、そこに城があったと分かる痕跡は石垣の一部や土塁、堀、曲輪、千貫井戸跡や西ノ丸にある塩硝櫓跡などが地形として残っているのみである。ガイドさんが説明してくれたので少しは分かったが、ガイド無しでは石垣以外では表示のある千貫井戸跡や塩硝櫓跡くらいしか分からないと思われる。

今回は説明を聞きながら撮影をしていたので、案内の標識などが無い所は撮影した写真がどの部分だったのかよく分からないカットが多かった。説明が無いとただの小山だったり、獣道のような少し窪んだ部分と言った所がほとんどだった。佐和山は清凉寺が所有する山で、団体で登山する場合は入山許可が必要となっている。ハイキングコースにはなっているが、案内の標識などは一部朽ちていたりするなど、整備されずに放置されている印象だ。

本丸跡のある頂上からは、南西方面に彦根城そして遠くには比叡山を望み、東から北東には中山道があり遠くには伊吹山、北には長浜、北西には竹生島も見る事ができた。頂上からは四方をよく見渡せ、軍事的な要衝であった事がよく分かる。本丸跡から隅石垣、千貫井などを経由して、国道8号線の佐和山遊園跡の所に降りてきた。そこからは佐和山歩道トンネルを通り、城の正面である大手のあった所から内堀跡や土塁、そして登城道などを見てから鳥居本へ行った。

破風に「水」の文字

茅葺きの破風-003

茅葺きにトタンを被せた家を記録していると、破風に水という文字の書いてある家が多い。彦根市では茅葺き以外の民家でも時々見かけるが、以前住んでいた名古屋市近辺では見なかったので気になっていた。調べてみると関西方面にはよくあるようで、滋賀県は特に多いようだ。

小椋谷の君ヶ畑の写真を調べてみると、破風に家紋の場合もあるが多くの家に水の文字があった。これまで気が付いてはいたけれど、何となく屋号のようなものかなと漠然と思っていた。調べてみると瓦に水の文字があるのと同じ様に、火災から建物を守る火伏せのまじないとして入れているようだ。その由来は庶民には許されなかった懸魚(げぎょ)の代わりに水と言う文字を描くことで火伏せのまじないとしたようで、江戸時代末期に始まり明治の頃に定着したらしい。

懸魚とは神社やお寺などの破風板部分に彫刻を施し取り付けられた妻飾りの事で、もともと中国で水と関わりの深い魚を屋根に懸けることによって、火に弱い木造の建物を火災から守るために火伏せのまじないとして取り付けた事による。中国では垂魚とも呼ばれ雲南省には魚の形をした板を屋根に懸ける風習が残っているらしいが、日本では様々な意匠をこらした装飾的なものとなっている。懸魚はもともと寺社や城の建築のみに使われていたが、江戸時代には武家屋敷や庄屋クラスの民家にも付けられることが許されるようになり、明治以降は一部民家の建築でも使われるようになった。機能的には屋根の両端の瓦のない部分や、棟木や桁の端などを隠して雨風から守る意味もある。

彦根市の社寺にある懸魚
彦根市の民家に破風にある「水」の文字

これまで撮影した茅葺きの破風には色々なタイプがある。トタンを被せた屋根では水の文字や家紋、懸魚もあった。茅葺きが残っている家では、文字などは無く前垂れと呼ばれる葭などを竹で押さえた棟端飾りが残っている。これまで記録した12戸のうち水の文字があるのは6戸だった。また懸魚は4戸に付いていて、1戸は懸魚、家紋、水の文字と三つ揃っている。