木地師文化フォーラム

滋賀県東近江市は木地師のふるさとして全国に発信する事業を行っていて、2022年7月18日に愛東コミュニティセンターで「木地師文化フォーラム」が開かれた。フォーラムは今回が4回目で3年ぶりの開催となる。また9月18日に東京上野で市主催の「木地師シンポジウム」が開かれる。
市公式Facebook「木地師のふるさと 東近江市」の告知で「このフォーラムは、ろくろを用いて椀や盆などの木地を作る職人である木地師が育んだ木の温もりの文化、漆工芸の文化への理解をより一層深め、全国各地とのネットワークを深めることを目指しています。」とあり、取材している木地師のふるさと君ヶ畑との関係もあるので参加してみた。

【プログラム】
第一部 講話
「木地師文化を育んだ東近江の森林」
森林総合研究所 山下 直子
アジア猛禽類ネットワーク 山﨑 亨

お二人で重複する部分もあったが「木地師文化を育んだ東近江の森林」をテーマに、山下さんは主に森林について、山﨑さんは植物と動物について、それぞれの視点から東近江の木地師発祥の地である鈴鹿山系にある小椋谷やその周辺についての講話だった。
木地師のふるさとである鈴鹿の森は東日本と西日本、日本海側気候と太平洋側気候が接する地域にあり、東近江市は鈴鹿の山々から琵琶湖まで続く豊かな自然がある。鈴鹿の奥山の冷温帯域に出現する落葉広葉樹林や、多種多様な植物や野生動物などが木地師の営みを支えた事など短い時間ではあったが資料を使い分かりやすく解説されてた。

第二部 講演
「漆に魅せられて」
漆作家/木地師 スザーン・ロス

石川県輪島市で漆作家・木地師として活動するスザーン・ロスさんは、イギリスのロンドン出身で若い頃に漆に魅せられて、漆の技術を身につけようと来日した。その後輪島で漆の勉強をして、現在は作家として活動しながら漆の魅力を海外などにも発信している。
講演では漆に魅せられて来日した後の技術を習得するまでの苦労話、輪島では川沿いの古い民家を自分たちで修繕したり改造して住んでいる事、その家での自然に囲まれた生活ぶりなどを聞くことが出来た。
そして縄文時代から続く漆の歴史や、漆の生産から輪島塗の制作工程などについても詳しく説明されていた。また国内での漆の生産が現在危機的な状況にある事や、漆や漆製品について今後の提案などもあり、熱くて中身の濃い内容の講演だった。

第三部 対談
漆作家/木地師 スザーン・ロス
木地師 北野 宏和
コーディネーター 筒井 正(東近江市参与)

「木地師文化と漆工芸の現在と展望」というテーマでスザーン・ロスさんと蛭谷で木地師の仕事をしている北野さんの対談があった。コーディネーターは小椋谷の永源寺町茨川出身で東近江市参与の筒井さん。
木地師や漆の仕事は、プラスチック製品が大量に出回る現在は継続が難しい職種であり今後については多くの困難がある。スザーン・ロスさんは漆製品や木製品を使うと生活の質が豊かになる事を説明し、漆が絶えないように応援するには「皆さん漆製品を買って使って下さい!」と会場に人達に呼びかけていた。
北野さんは木地師の仕事を若い人たちが始めたり、生活を続けられるような環境作りをしていきたいと抱負を語っていた。

雪の奥永源寺

雪の奥永源寺風景

2021年12月26日から滋賀県中北部では数年に一度の大雪となった。彦根市で積雪量が73センチとなり12月の観測記録を更新し、市内の国道8号線は雪で多くの車が立ち往生し全国ニュースとなった。

奥永源寺の君ヶ畑は元々雪の多い所だが、12月末は1日で1メートル位積もったと聞いた。2022年1月3日と9日に雪がまだ残る奥永源寺、君ヶ畑を訪ねた。撮影目的は3日は大皇器地祖神社で御供盛り、9日は金龍寺で大般若会があるからだった。いつも通る多賀町から犬上川ダム経由、または百済寺から角井峠経由は両方とも雪のため通れないので、遠回りになるがいつもは通らない永源寺ダムを経由して出かけた。

集落までの道路や集落内の道は除雪されていたが、まだ両脇に多くの雪が残っていた。神社の本殿や金龍寺の本堂は屋根からの落雪などもあり3日は行く事が出来なかった。そのため3日の御供盛りの祭典は特別に社務所で行われたが、9日には金龍寺は本堂まで雪かきされていたので大般若会は本堂で例年通り行われた。新型コロナ対策で全員マスク着用だった。

君ヶ畑の雪景色-1

君ヶ畑の雪景色-3

君ヶ畑の雪景色-5

君ヶ畑の雪景色-2

大般若会-1

大般若会-2

君ヶ畑の雪景色-4

永源寺ダム湖