彦根の古民家ー鹿島家住宅

彦根市に残る「茅葺きとトタンを被せた屋根」の記録を進めている。現在までに調べた所では約220戸位残っていて、撮影した家が120戸になったのでやっと半分は終わった。
撮影に行くと解体されて無くなっている家がある一方で、現地付近で新たに発見する家も多くあり合計戸数はまだ確定していない。調べた家の撮影が終わっても、ある程度の見落としは仕方ないと思っている。まだ写真は整理中なのだが、形式を考えて一覧で見てもらえるようにしようと思っている。

撮影に行った時には出来るだけ声をかけて、撮影の趣旨をお伝えするようにしている。留守などで声掛けをしても応答がない場合や空き家などはそのまま撮影するが、在宅されている場合は建築年やトタンを被せた時期などをお聞きして分かれば記録している。
5月7日に肥田町にある1軒を訪ねた所、中で電動ノコのような音がしていた。玄関付近に看板らしきものがあったので、ノックすると男性が出てこられて撮影の趣旨をお伝えすると変わって奥様に対応して頂けた。撮影のお願いをすると快く許可して頂けて、この家について聞かせてもらったが、彦根市の市指定文化財になっているとの事だった。
帰ってから調べると、この家は「鹿島家住宅」で約150年前の江戸時代後期に建てられている。当時の農家の面影を良好に伝える数少ない住宅として平成22年3月16日に市指定文化財に登録されている。

現在はご夫婦で営む木製スピーカーの工房とショールームを兼ねた店「HORA AUDIO(ホラオーディオ)」として2015年の10月から利用されている。撮影は外観のみだったが、彦根市の資料によると当時の間取りや桶風呂などの古い物が残されている貴重な住宅との事である。屋根は現在トタンを被せてあるが、奥様はできれば将来茅葺きに戻したいとの希望があると話されていた。

鹿島家住宅-10
主屋の外観 門の左は外便所
鹿島家住宅-04
玄関前 左が「かわと」右が主屋
鹿島家住宅-11
水路に接した「かわと」から見た主屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

three + 12 =