牧谷満子さんと草柳散歩さんの事

君ヶ畑の全景

5月30日に君ヶ畑の牧谷満子さんを訪ねた。君ヶ畑に常時いる家は現在11軒あるが、そのうちの1軒で写真集「小椋谷の人びと」にも写真が数枚掲載されている。

牧谷満子さん
1978年は5月27日の茶摘みの時撮影
牧谷弁治さんと満子さん
同じ部屋で撮影させてもらったが、改装されていて雰囲気が変わっている。

牧谷満子さんは昭和8年生まれで、昭和29年5月10日に弁治さんの所に嫁いできた。仕事は弁治さんと二人で炭焼・しいたけ、なめこ栽培・蚕などやっていたが、弁治さんは平成16年(2004年)に亡くなっている。40年前の取材時は、普段はご夫婦二人の生活で京都にいる娘さんが時々帰ってきていた。

牧谷弁治さん一家
1978年8月お盆の牧谷弁治さん一家(中央は満子さん)後ろで椅子に座っているのは親戚の瀬戸栄吉さん

写真を撮影させてもらいながら色々とお話をしたが、その時満子さんが一冊の写真集を出してこられた。平成25年10月に作成されたもので表紙にはタイトル『君ヶ畑と永源寺』そして「半世紀前の君ヶ畑訪問 そして永源寺との邂逅 昭和40年3月 平成11年11月 写真・文 草柳 散歩」とある。その中には昭和40年3月に草柳散歩さんが君ヶ畑を訪れた時に撮影した写真が掲載されているが、牧谷弁治さんご一家の写真もあった。

昭和40年3月の牧谷さん一家
1965年3月撮影の牧谷弁治さん一家 撮影:草柳散歩

草柳散歩さんについては【Kokeshi Wiki (https://kokeshiwiki.com/) 現代に生きる「こけし辞典」への挑戦です】というサイトに記載があるので以下に引用させて頂く。
『草柳散歩(くさやなぎさんぽ:1944~2015)』
系統:木地山系
師匠:小椋久太郎見取り
〔人物〕昭和18年5月10日神奈川県横浜市に生れた 。昭和38年夏、東京工業大学在学中から4年間、木地山に通い詰め、久太郎には大変可愛がられた。滞在中こけしの描彩なども行うようになった。散歩は平成11、12年ころに木地山に滞在して、見取りながら木地も挽くようになり、描彩もおこなった。散歩名義の他に、小椋宏一名義のこけしの中に草柳散歩描彩のものもある、平成26年8月7日没、行年72歳。

詳しくは分からないが、草柳散歩さんは本職ではないがこけしを制作されていたようで、牧谷さんの家にもこけしがあった。写真集によると昭和40(1965)年3月1,2日、大学3年21才の時に、「秋田木地山のこけし屋、小椋久太郎じいさんの名代として、木地師の故郷近江の小椋の庄君ヶ畑を訪れた」とあり、君ヶ畑の大皇器地祖神社に参拝している。
木地師の故郷として全国の木地師に認識されているのがよく分かる逸話だが、その時に記録として君ヶ畑の風景などを撮影している。集落の全体が写っているので、雪が残るなか向かいの山に登って撮影したようだが、かなり大変だったはず。その時に草柳散歩さんは、金龍寺の住職の紹介で牧谷弁治さんの家に一晩泊めてもらっている。それが縁でその後も交流があり、牧谷さんは草柳さんからこけしを頂いたり、写真集を送ってもらったりしている。牧谷さんは送られてきた写真集の封筒も大切に残してあった。それで送付先が分かったので、もし古いネガやデータがあれば資料として提供して頂けないかと思い、その住所地に草柳散歩さんのご遺族がおられないかと手紙を書いてみたが、残念ながら宛先該当無しで返送されてきた。

写真集の君ヶ畑の所だけを複写させてもらったので、昭和40(1965)年3月の記録としてここに掲載しておくことにする。もしご遺族の方がこれを目にされたら、当方までご連絡頂けると大変嬉しく思います。

『野田浩二のしごと』出版記念 風野工房ギャラリー

三上寛ライブ

2021年5月27日〜31日に東近江市永源寺町にある風野工房ギャラリーで、『野田浩二のしごと』出版記念の作品展示・ライブ・映画上映があった。ふとした縁で風野工房の事を知り、今回で2度目の訪問になるが、ライブ・映画上映のある5月30日に行ってきた。残念ながらお会いする事は無かった染色家の野田浩二さんの作品が沢山展示されていた。暖簾やその他の布達の色とデザインはとても素敵な物ばかりであった。

映画は監督:ロジェー・ワルッヒ、主演:三上寛の2018年の作品『独逸人』で、両氏は生前の野田浩二さんと交流があった。ロジェー・ワルッヒさんはスイス人監督で寺山修司の「田園に死す」に衝撃を受けたと言う映像作家で、三上寛さんは「田園に死す」にも出演している俳優でありフォークシンガーである。映画の上映後にロジェー・ワルッヒさんと三上寛さんの話が少しあった。映画でメインの二人は全編ドイツ語なのだが、三上寛さんはドイツ語を覚えて話す苦労や結局そのままでは使えずにスタジオでの録音となった事などのエピソードが聞けた。
私は若い頃に日本アート・シアター・ギルド(ATG)の映画をよく見ていたが、記憶に残る作品が多い気がする。「田園に死す」も当時見ていたが、難解な映画と言う印象だった。寺山修司監督・脚本の「田園に死す」と「書を捨てよ町へ出よう」は最近アマゾンプライムで再度見たし、若い頃見て記憶に残っていた寺山修司脚本の映画「サード」も最近再度見たが良かった。クロード・ガニオン監督の「Keiko」も強く印象に残っている。ドラマチックではない淡々とした日常の生活が描写されていて、これが現実で本当の姿だよと感動したのを覚えている。そして寺山修司の舞台は若い頃は見た事が無かったが、2008年に名古屋の千種文化小劇場で上演された「奴婢訓」を二女と一緒に見に行った。

映画の後に三上寛ライブがあった。三上寛さんは1950年生まれで、私とほぼ同世代なので名前は知っていたが、歌などはあまり聞いた記憶はなかった。曲は「夢は夜ひらく」、津軽民謡「弥三郎節」「十三の砂山」、「楢山節考」、「大感情」などで、自分が最近ギターを始めた事もあり演奏にも注目しながら楽しめた。